熱中症と脱水症状を防ぐマッサージのすすめ

query_builder 2024/06/13
画像5143
熱中症や脱水症状は、日常生活や仕事、スポーツなどあらゆる場面で起こりうるリスクです。本記事では、これらのリスクを軽減するためのマッサージ技術を紹介します。
アリエス柏
ロゴ
幻想的なプラネタリウムのような空間で行うドライヘッドスパは、心と頭の緊張を和らげ、繊細な手技が頭痛や目の疲れ、不眠を解消へと導きます。メイクやヘアスタイルを保ったまま、柏でお手軽にご利用いただけます。
アリエス柏
住所:

〒277-0852

千葉県柏市旭町1-3-3 マスダビル2階

電話番号:
04-7128-8803

熱中症とは

初めに、熱中症について理解を深めましょう。これから紹介するマッサージは、その知識を基にしたものです。

熱中症の原因

熱中症は高温環境や運動により体内の熱が排出できず、体温が上がりすぎる状態を指します。主な原因としては、長時間の屋外活動や過度な運動、高温多湿な環境での長時間滞在などがあります。特に夏場の直射日光や、室温が高い密閉された場所での活動は注意が必要です。また、適切な水分摂取を怠ることも熱中症の原因です。汗によって体内の熱を失っているため、水分不足になると体温の上昇による熱中症のリスクが高まります。さらに、体調不良や持病を抱えている場合も、熱中症にかかりやすくなる可能性があります。熱中症の原因を正しく理解し、リスクを避けるためには、適切な水分補給や涼しい場所での休憩、適度な運動量の調整などが必要です。特に、熱中症になりやすい人や高齢者、小さな子どもは十分な注意が必要です。

熱中症の予防

熱中症の予防には、適切な水分補給と冷却が重要ですが、マッサージも体温管理に効果的であると言われています。マッサージは筋肉の緊張を緩和し、血流を改善することで体温を適切に調整する効果があります。具体的なマッサージ方法としては、首や肩、背中のマッサージを行うことで体の緊張をほぐし、体温の上昇を抑えることができます。また、特に脚や手足のマッサージは、血液循環を促進し、汗をかきやすくするために体温の上昇を予防します。さらに、頭皮のマッサージも有効です。頭皮には多くの血管が集まっており、マッサージによって血流が向上し、体温の調整も促進されます。熱中症の予防のためには、適度な水分補給と冷却だけでなく、マッサージを取り入れることでより効果を発揮することができます。ただし、マッサージの際は適度な力を入れるようにし、無理な力を加えることは避けましょう。また、体調や健康状態に不安のある場合には、医師と相談してからマッサージを行うことをおすすめします。

脱水症状とは

次に、脱水症状について理解しましょう。熱中症と脱水症状は密接な関係があります。

脱水症状の原因

脱水症状は、体内の水分が不足した状態によって引き起こされます。脱水症状の主な原因は、水分の適切な摂取ができていないことです。水分は日常生活において体内から失われるため、適切な水分補給が重要です。特に、暑い季節や運動中など、水分をたくさん失う状況では十分な水分補給が必要です。また、飲み物だけでなく食事からも水分を摂取することも大切です。ただし、甘い飲み物やアルコールを過剰に摂取すると、逆に利尿作用や脱水症状を引き起こすことがあります。さらに、脱水症状の原因としては、激しい運動や長時間の屋外活動、高温多湿な環境での滞在、発熱や下痢などの症状による水分喪失なども挙げられます。これらの原因により、体内の水分が十分に補給されずに不足してしまうことで、脱水症状が現れる可能性があります。脱水症状は夏だけでなく、寒い時期の暖房による乾燥や、高地での滞在などでも起こり得ます。適切な水分補給を心掛けるとともに、必要に応じて電解質や栄養素の補給も行い、脱水症状を予防することが重要です。

脱水症状の予防

脱水症状を予防するためには、適切な水分補給が欠かせません。特に、暑い季節や運動中など、水分をたくさん失う状況では、こまめな水分補給が重要です。ただし、一度に大量の水を飲むのではなく、少量ずつ頻繁に摂ることが効果的です。また、飲み物だけでなく、水分を含む食品やスポーツドリンク、経口補水液なども活用してバランスの良い水分補給を心掛けましょう。また、汗をかいた後や運動後には、適切に塩分やミネラルを補給することも重要です。スポーツドリンクや塩分を含む食品を摂ることで、水分だけでなく体内の電解質バランスも整えることができます。さらに、脱水症状の予防には、適切な温度管理も必要です。暑い環境ではできるだけ涼しい場所に滞在し、熱中症を引き起こすリスクを減らすことが重要です。また、冷房などの冷却装置を活用して体温を適切に調節することも有効です。さらに、適度な休息や睡眠をとることも脱水症状の予防に役立ちます。十分な休息をとることで疲労を蓄積せず、体全体の水分バランスを保つことができます。脱水症状は気温や湿度の変化に合わせて注意が必要です。暑い時期だけでなく、寒い時期の乾燥や高地でも脱水症状になる可能性があります。しっかりと水分補給を行い、適切な温度管理や休息をとることで、健康な状態を保ちましょう。

マッサージとは

ブログ

それではマッサージについて見ていきましょう。熱中症や脱水症状の予防とどのような関連性があるのでしょうか。

マッサージの効果

マッサージは、熱中症や脱水症状の予防に効果的な方法として知られています。マッサージの主な効果は、筋肉の緊張をほぐし、血流を改善することです。筋肉が緊張していると、体内の血液循環が悪くなりますが、マッサージによって筋肉が緩むことで、血液の循環が促進されます。これにより、体内の熱の流れもスムーズになり、体温調整がしやすくなります。また、マッサージによって筋肉がほぐれることで、ストレスや疲労も軽減されます。緊張した状態のままでいると、体の疲れが蓄積されていきますが、マッサージによって緊張を緩和することで、身体的なリラックス効果が得られます。さらに、マッサージは血行促進効果もあります。マッサージによって刺激された部位では、血管が拡張して血流が増加し、酸素や栄養素が効率良く運ばれます。これにより、細胞の代謝が活発化し、体内の老廃物や有害物質の排出も促進されます。マッサージは抗ストレス効果やリラクゼーション効果だけでなく、体温調整や血行促進効果もあるため、熱中症や脱水症状を予防する上で有効な手段と言えます。ただし、マッサージは個人の体調や状態に応じた適切な方法で行うことが重要です。無理な力を加えたり、感じる痛みが強すぎる場合は、マッサージを受ける前に医師と相談しましょう。自己判断で行う場合も、力加減に十分注意し、無理なストレッチや刺激を避けるようにしましょう。

マッサージの方法

マッサージの効果が分かったところで、具体的なマッサージの方法について見ていきましょう。特に、熱中症や脱水症状の予防に有効とされるマッサージ方法をご紹介します。

まず、足裏のマッサージです。足裏には多くの反射区が存在し、全身の血流を促進する効果があります。手のひらや指を使って、足裏全体を揉んだり押したりすることで、血液の循環を活性化させることができます。特に、かかとや親指の付け根など、特定の場所に重点的に刺激を与えると効果的です。

また、頭皮のマッサージも熱中症予防に役立ちます。頭皮には多くの血管が存在し、頭部をマッサージすることで血流が増加し、体温調整が促進されます。指の腹を使って頭皮を軽く押さえたり、指の腹を使って頭皮を引っ張るようにマッサージすると効果的です。冷感効果を高めるために、シャンプーやヘアトニックを使用することもおすすめです。

さらに、腹部のマッサージも脱水症状予防に効果的です。腹部を優しくなでるようにマッサージすることで、消化器官の働きが改善され、水分を適切に吸収するのを助けます。また、腹部をゆっくりと時計回りに円を描くようにマッサージすることでも効果があります。腹部のマッサージは食後に行うと良い効果が期待できます。

これらのマッサージ方法を毎日の生活に取り入れることで、熱中症や脱水症状の予防に役立ちます。ただし、マッサージを行う際は自分自身の体調や感じる痛みに十分注意しながら行いましょう。無理な力を加えたり、不快感を感じる場合は、マッサージを中止し、適切な方法で行うようにしましょう。

熱中症予防のマッサージ手法

ブログ

具体的にどのようなマッサージをすれば良いのでしょうか。ここでは熱中症予防に有効なマッサージをご紹介します。

頭皮マッサージ

熱中症予防のために有効なマッサージの手法として、頭皮マッサージがあります。頭皮には多くの血管が集まっており、頭部をマッサージすることで血流が向上し、体温調整が促進されます。

頭皮マッサージは、指の腹を使用して行います。まずは手の指を頭皮に乗せて、指の腹を使って軽く押さえるようにマッサージを始めましょう。頭全体にわたって均等な力を加えるようにすると効果的です。また、指の腹を使って頭皮を引っ張るようにマッサージすると、血流をさらに促進することができます。

頭皮マッサージを行う際には、地肌を傷つけないように注意しましょう。力加減は自分の感じる範囲で行い、無理な力を加えないようにしましょう。また、頭皮をマッサージする際には、爪を使用することは避けてください。爪で頭皮をこすると、かえって刺激が強くなり、地肌を傷つける可能性があります。

頭皮マッサージは、特に夏場の熱中症予防に効果的です。頭部には多くの血管が集まっているため、血液の流れを活性化させることで体温を適切に調整する効果があります。また、頭皮のマッサージには冷却効果も期待できます。マッサージによって頭皮の血流が増加すると、周囲の体温を下げる効果があります。

頭皮マッサージは、毎日の生活に簡単に取り入れることができます。シャンプーやヘアトニックを使用しながら行うと、冷感効果を高めることもできます。頭皮マッサージの効果を最大限に引き出すためには、定期的なケアが必要です。毎日のルーティンに組み込んで、熱中症予防と健康な頭皮環境を保ちましょう。

手足マッサージ

手足のマッサージは、全身の血流を良くする効果があり、熱中症予防に役立ちます。特に手足の指の間をマッサージすると、手や足の血流が良くなり、適度な汗をかくことができます。これによって体温調整が助けられ、熱中症のリスクを軽減することができます。

手足のマッサージを行う際には、指の腹を使って行います。まず手の指をもみほぐしながら、指の腹を使って手のひらや手首、指の間をマッサージしましょう。手のひらから指の先まで、一つずつ指を揉んでいくような感覚で行うと効果的です。

同様に、足の指の間のマッサージも行いましょう。足の指を一本ずつ優しく押したり、指同士を軽く押し付けるようにマッサージします。指の間にある反射区を刺激することで、全身の血流が改善され、体温調整がより効果的に行われます。

手足のマッサージは、日常生活の中で手軽に行うことができます。テレビを見ながら、仕事の合間に、寝る前になど、ちょっとした時間を利用して行うことができます。また、手足のマッサージはリラックス効果もあり、ストレスの軽減にもつながります。

手足のマッサージを継続的に行うことで、全身の血流が改善され、体内の水分バランスが整えられます。適度な水分補給と合わせて、手足のマッサージを取り入れることで、熱中症や脱水症状の予防に効果的なケアができます。

ただし、手足のマッサージを行う際は個人の感じる痛みや体調に十分に配慮しましょう。無理な力を加えたり、痛みを感じる場合は、マッサージを中止し、適切な方法で行うようにしましょう。自己判断する際も注意深く行動し、体に無理な負担をかけないようにしましょう。

脱水症状防止のマッサージ手法

次に、脱水症状予防に有効なマッサージについて見ていきましょう。

足裏マッサージ

IMG_2168.jpe

脱水症状の予防に効果的なマッサージの手法の一つに、足裏マッサージがあります。足裏には多くの反射区が存在し、全身の血液循環を促進する効果があるため、水分の適切な循環や吸収を助けます。

足裏マッサージを行う際には、指の腹を使って丁寧にマッサージしましょう。一つずつ足の指を押したり、指同士を軽く揉んだりすることで、血流が促進されます。また、足のアーチ部分を押したり、指圧を行ったりすることも効果的です。これによって、足裏の血流がスムーズになり、体内の水分バランスを保つ助けとなります。

足裏マッサージは、特に夏場の脱水症状予防に効果的です。足裏は多くの汗腺が集まっているため、足裏のマッサージによって血流が活性化され、汗をかくことが促進されます。これにより、体内の余分な水分が排出される一方で、必要な水分が適切に吸収されるため、水分バランスを保つことができます。

足裏マッサージは、簡単に自分で行うことができます。普段の生活の中で、仕事の合間や家事の合間に行うことができるでしょう。また、足裏マッサージはリラックス効果もあり、疲労回復やストレス解消にも役立ちます。

ただし、足裏マッサージを行う際には、力加減に注意が必要です。無理な力を加えると足裏を傷つけてしまう場合があります。個人の感じる痛みや体調に合わせて、適切な力の加減を見極めましょう。また、足に異常がある場合や痛みを感じるような場合には、医師に相談してから足裏マッサージを行うことをおすすめします。

足裏マッサージを日常的に行うことで、足の血液循環が促進され、体内の水分の循環や吸収が改善されます。適切な水分補給と合わせて、足裏マッサージを取り入れることで、脱水症状の予防に効果的なケアができます。

腹部マッサージ

脱水症状の予防には、腹部マッサージも効果的です。腹部マッサージは、消化器官の働きを改善し、水分の適切な吸収を助けます。

腹部マッサージを行う際には、指の腹や手のひらを使って優しくなでるような動きを行います。まずは腹部全体をゆっくりと時計回りに円を描くようにマッサージしていきましょう。この動きによって、消化器官の血液循環が促され、水分の適切な吸収が助けられます。

また、腹部の中心部分に位置する臍(へそ)周辺も重点的にマッサージしましょう。臍周辺は内臓や血管の集まる場所であり、マッサージによって血流が改善され、水分の循環が促進されます。

腹部マッサージを行う際には、食後に行うことがおすすめです。食事後は消化器官の働きが活発になっているため、このタイミングでマッサージを行うことで、消化吸収を助け、水分の適切な吸収を促進します。

腹部マッサージは、自分自身で行うこともできますが、他人に行ってもらうとより効果的です。ただし、他人にマッサージをしてもらう際は、力の加減に注意しましょう。無理な力を加えると腹部に負担をかけることがありますので、優しく行うようにしましょう。

腹部マッサージは、脱水症状の予防に役立つだけでなく、消化機能の改善や腹部の緊張の緩和にも効果があります。定期的に腹部マッサージを行うことで、体内の水分の適切な吸収が促進され、脱水症状の予防につながります。

ただし、腹部に異常がある場合や痛みを感じる場合には、マッサージを行う前に医師に相談しましょう。個人の感じる痛みや体調に合わせて、適切なマッサージを行うことが重要です。

マッサージの頻度と期間

マッサージの効果を享受するためには、どのくらいの頻度と期間で行うべきでしょうか。

マッサージの頻度

マッサージを効果的に行うためには、適切な頻度で続けることが重要です。マッサージの頻度は個人の好みや体の状態によって異なりますが、一般的な目安としては、一日に1回、10分程度を目指すことが推奨されています。

一日に1回のマッサージを行うことで、筋肉の緊張を緩和し、血流を改善する効果を得ることができます。定期的に行うことで、体内の循環が促進され、熱中症や脱水症状の予防にも効果的です。マッサージの時間は、短くても十分な効果が得られるため、日常生活に取り入れやすいでしょう。

ただし、個人の状態や感じる疲れやストレスによってマッサージの頻度は変わることがあります。疲れがたまっている日やストレスが溜まっている日は、マッサージの頻度を増やしたり、時間を延長したりすることがおすすめです。自分自身の体の状態をよく見極め、適切な頻度でマッサージを行うようにしましょう。

また、長期的なマッサージの継続は効果の持続性にもつながります。短期的な効果もありますが、マッサージを継続することで、筋肉の状態や血流の改善が継続し、健康維持にも寄与します。毎日の日常生活にマッサージを取り入れ、継続的なケアを行いましょう。

マッサージの頻度は人それぞれですが、一日に1回を目標に、体の状態や感じる疲れに応じて適切に調整することが大切です。マッサージの頻度を守りながら、定期的にケアしていくことで、熱中症や脱水症状の予防に繋がる健康な生活習慣を築きましょう。

マッサージの期間

マッサージの効果を最大限に享受するためには、適切な期間で続けることが重要です。マッサージの期間は個人の目標や体調に合わせて異なりますが、長期的な継続が効果の持続性につながります。

マッサージの効果は即効性がありますが、一時的なものではなく、継続的に行うことで長期的な変化をもたらします。一回のマッサージで完全な効果を得ることは難しいため、短期的な目標だけでなく、長期的な健康維持を意識した続けることが大切です。

マッサージの期間は個人の状態や目的によって異なりますが、一般的には数週間から数か月以上の期間を目安として考えると良いでしょう。マッサージを習慣化するためには、最初の数週間が重要です。この期間に継続することで、マッサージの効果やリラックス効果を体感し、習慣化につなげることができます。

また、マッサージの期間は人それぞれの体の状態や目標に合わせて調整することが重要です。一時的な疲労回復やリラックスを目的とした場合は、数週間の期間でも効果を実感することができます。しかし、慢性的な疲労や筋肉の緊張を改善したい場合は、数か月以上の定期的なマッサージが必要となる場合もあります。

最も効果的なマッサージの期間を得るためには、日常生活にマッサージを組み込むことが重要です。毎日や週に数回、定期的にマッサージを行うことで、持続的な効果を得ることができます。また、マッサージの効果を最大限に引き出すためには、適切な休息や栄養摂取、適度な運動などとの組み合わせも重要です。

短期的な効果だけでなく、長期的な健康維持に貢献するためにも、マッサージを長期間にわたって続けることを意識して取り組みましょう。自分自身の体の状態や目標に合わせて、適切な期間でマッサージを行い、健康的な生活に活かしていきましょう。

注意点と警告

最後に、マッサージを行う際の注意点と警告についてお話します。

力の加減

マッサージを行う際には、力の加減が非常に重要です。適切な力でマッサージを行うことで、効果的なケアができます。しかし、力の加減が間違っていると、逆効果やけがの原因になることもあります。以下に、力の加減についてのポイントを紹介します。

まず、マッサージは痛みを感じるほどの強い力を加えるものではありません。無理な力を加えると、筋肉や組織を傷つける恐れがあります。快適な状態で受けることができる力の加減を心掛けましょう。

力の加減は、個人の感じ方や体の状態によって異なるため、自分の感覚に合わせて微調整することが重要です。痛みや違和感を感じたら、力を抑えるか停止するなどして適切に調整しましょう。自分自身がマッサージを行う場合には、鏡や手鏡を使用して自分の体を確認しながら行うと良いでしょう。

また、マッサージを受ける際にも適切な力の加減を伝えることが大切です。マッサージ師に対して、自分に合った強さを伝えることで、快適なマッサージを受けることができます。遠慮せずに要望を伝えましょう。

また、力の加減は受け手の体の一部によっても異なる場合があります。たとえば、頭皮や顔のマッサージでは特に優しく行う必要があります。一方、大きな筋肉のある背中や太ももなどでは、少し強めの力が必要になることがあります。受け手の体の部位に合わせて力の加減を調整しましょう。

最後に、マッサージを行う際には、コミュニケーションや相手の反応に敏感になることも重要です。相手の表情や声のトーン、体の反応をよく観察し、力の加減を調整するようにしましょう。相手が不快感や痛みを感じている場合には、すぐに力を緩めるかやめることが大切です。

力の加減は、マッサージの効果や安全性に直結する重要な要素です。個人の感覚や体の状態に合わせて適切に調整し、快適で効果的なマッサージを行いましょう。

既存の健康問題

マッサージを行う際には、既存の健康問題を抱える場合には注意が必要です。特に、深刻な疾患や怪我を抱えている場合には、医師と相談の上でマッサージの可否を判断することが重要です。以下に、既存の健康問題に関連した注意点をいくつか紹介します。

まず、妊娠中の方はマッサージを行う前に必ず医師と相談しましょう。妊娠中には、体の状態が変動するため、特別なケアが必要です。マッサージによる刺激や圧迫が胎児や母体に影響を与える可能性があるため、医師の指示に従うことが重要です。

また、既存の怪我や疾患を持っている場合には、マッサージの前に医師に相談しましょう。怪我がある場所に対してマッサージを行うことは、痛みや損傷を悪化させる可能性があります。同様に、疾患や慢性的な痛みを抱えている場合にも、マッサージによって症状が悪化することがあるため、専門家のアドバイスを仰ぐことが大切です。

特に、重篤な疾患を抱えている場合は、マッサージを行う前に医師の許可を得ることが必要です。心臓病やがん、血液疾患などの重篤な疾患では、マッサージによって症状が悪化する可能性があるため、医師の指示に従うことが重要です。

さらに、感染症や皮膚疾患を抱えている場合にも注意が必要です。マッサージは直接的に触れる行為であるため、感染症のリスクがあります。また、皮膚疾患やアレルギー反応がある場合は、適切なマッサージオイルやローションの使用に注意しましょう。

既存の健康問題を抱える場合には、自己判断せずに医師と相談することが大切です。医師は個々の状態や病歴を考慮し、適切なアドバイスを提供してくれます。マッサージを行う際には、自分自身の体の状態を正確に把握し、無理な刺激や圧迫を避けるようにしましょう。安全かつ効果的なマッサージを行うために、常に専門家の意見を求める姿勢を持ちましょう。

まとめ

これまでに述べたように、マッサージは熱中症や脱水症状の予防に有効な方法の一つです。

マッサージの役割

マッサージは、熱中症や脱水症状の予防に役立つ重要な役割を果たします。その役割とは、筋肉の緊張をほぐし、血流を改善することで体温調整を助けることです。

まず、マッサージによる筋肉の緊張緩和は、体温調整に大きな影響を与えます。熱中症や脱水症状を防ぐためには、体温を効果的にコントロールすることが重要です。マッサージによって筋肉の緊張が緩むと、血流がスムーズになり、体内の熱の流れも活性化します。これにより、過度な体温上昇を抑え、体温調節機能をサポートする効果があります。

また、マッサージによる血流の改善は、熱中症や脱水症状予防にも密接に関わっています。マッサージによって血管が拡張し、血液の循環が促進されます。これにより、体内の水分や栄養素の適切な供給が行われるだけでなく、老廃物や有害物質の排出も助けられます。血流の改善によって体内のバランスが整い、熱中症や脱水症状のリスクを軽減することができます。

さらに、マッサージは抗ストレス効果やリラクゼーション効果もあります。日常のストレスや疲労を軽減することで、体全体の緊張がほぐれ、心身のリラックスが促されます。緊張が緩んだ状態では、自律神経のバランスが整い、体内の調節機能も活性化されます。これにより、熱中症や脱水症状の発症リスクを低減する役割を果たします。

マッサージは筋肉の緊張緩和と血流促進、ストレス解消によって、熱中症や脱水症状の予防に効果を発揮します。適切なマッサージを継続することで、健康的な体温調節や水分バランスを維持し、健康な生活をサポートすることができます。ただし、個人の体調や状態に応じて適切なマッサージを行い、無理な刺激や力の加減に注意するようにしましょう。

日常生活とマッサージ

マッサージは熱中症や脱水症状の予防に役立つだけでなく、日常生活との結びつきも重要です。マッサージを取り入れた日常生活は、健康的な体温調節や水分バランスをサポートし、健全なライフスタイルの一部となります。

日常生活においてマッサージを組み込むことで、定期的な疲労回復やリラクゼーションが可能となります。疲れた日やストレスが溜まった日に、マッサージを行うことで心身の緊張がほぐれ、リフレッシュできます。を毎日のルーティンに組み込むことで、疲労の蓄積を防ぎ、ストレスを解消することができます。

また、日常生活とマッサージを組み合わせることで、健康的なライフスタイルを促進することができます。例えば、適度な運動やストレッチと併せてマッサージを行うことで、血液循環の改善や筋肉のリラックスを促進できます。また、適切な水分補給や栄養摂取と併せてマッサージを行うことで、体内の水分バランスを保ち、代謝を活性化させることができます。

さらに、日常生活におけるマッサージは家族やパートナーとの絆を深める機会ともなります。お互いに身体のメンテナンスを行いながら、ストレスの解消やリラックスを共有することで、絆を深めることができます。家族やパートナーと一緒にマッサージを行うことで、より健康的でバランスの取れた生活を送ることができます。

日常生活とマッサージを組み合わせることによって、熱中症や脱水症状の予防に効果的なケアを行うだけでなく、健全なライフスタイルをサポートすることができます。ただし、自己の体調や感じる痛みに配慮し、適切なマッサージを行うように心掛けましょう。日常生活におけるマッサージを積極的に取り入れることで、健康で快適な生活を送ることができます。

アリエス柏
ロゴ
幻想的なプラネタリウムのような空間で行うドライヘッドスパは、心と頭の緊張を和らげ、繊細な手技が頭痛や目の疲れ、不眠を解消へと導きます。メイクやヘアスタイルを保ったまま、柏でお手軽にご利用いただけます。
アリエス柏

〒277-0852

千葉県柏市旭町1-3-3 マスダビル2階